戻る
Top Page
1・基本方針
ごあいさつ
お問い合わせ
農場情報
会社概要
当社では、消費者の皆様に ”安心して食して頂ける食肉生産”を
念頭に以下の事項を全従業員一丸となって取り組んでおります。
1・飼料
オリゴ糖・有機酸等を組み合わせ、整腸作用・免疫力向上を促す配合飼料の使用。
極力抗生物質の使用を制限し、残留問題のないパン酵母・土着菌等を有効利用。
人工乳A・人工乳B・人工乳後期・仔豚育成用飼料には抗生物質が添加されているが給与期間を厳守。
2・投薬・ワクチン接種
薬品及びワクチン添付の使用説明書の用法・容量・使用期間を厳守。
使用器具・機材の衛生管理の徹底。(消毒・整備等)
注射針(磁気針)には、当社独自の改良を施し、事故による生体内への混入を防ぐ。
また、注射針の在庫を一括管理し、厳重なチェック体制を整備。
3・疾病・防疫対策
全農場の入り口に消毒ゲートを設置。入場する車両全てを徹底消毒。
生体及び飼料の搬入は、当社専用の車両を使用。(他農家・他社より疾病感染を防ぐ)
年二回の血液検査の実施。(全農場・預託農家も含む)
検査の結果を踏まえ、ワクチン接種・投薬プログラムを専属獣医師指示のもと決定する。